不妊症

  • 不妊症

    不妊症の原因の多くはホルモンの異常、子宮卵巣卵管の異常、男性側の異常です。
    当院ではまず原因を検索するためにスクリーニング検査を行います。

    <ホルモン検査>

    卵巣発育、着床、妊娠に関連するホルモンは常に変動しています。月経周期の中で最適な時期に採血を行います(2回行います)。これに加え、甲状腺ホルモン、プロラクチン(母乳分泌に関連するホルモン)、男性ホルモン値を測定します。

    <子宮卵巣卵管の検査>

    超音波にて子宮、卵巣をチェックします。また卵管の評価はレボビストを使用した造影超音波検査を行います。

    <男性の検査>

    精液検査をおこない、精液の量、数、運動率の評価をします。

    <ヒューナー検査(性交後検査)>

    排卵時期に夫婦生活を行い24時間以内の子宮の入り口にある粘液の中の精子の数、運動性を評価します。

    <通水検査>

    月経終了後から排卵までの期間に卵管内に薬液を注入することで、卵管の通過性を良くするために行います。同時に通過性を毎回評価します。

    <卵巣年齢検査>

    卵巣の中にある卵子の予備能を評価します。

  • 治療方針

    原因が見つかればこれに対し治療を行いながら妊娠に向けて指導します。当院では不必要な排卵誘発は行いません。年齢、不妊歴によって治療方針は異なりますが、基本的には同じ治療を4回繰り返しても結果が出ない場合は次のステップに進みます

    治療の流れ

    それでも妊娠に至らない場合は、高度不妊治療施設へ紹介いたします。高度不妊医療施設通院中で、注射のみ希望される方は当院で対応可能です。担当医から紹介状を持参のうえ予約してください。持込薬剤の注射も行っております。

    <当院採用薬剤>

    フォリルモン150単位 ・HMGフジ10A 150単位・ フェリング75単位/150単位 ・HCG5000単位 ・プロゲストンデポー125mg

産み分け

  • 産み分け外来

    当院では、性の選別を目的に行うものではなく
    あくまでも妊娠・出産を目的に行われます。
    100%希望通りの結果に至る訳ではないことをご理解ください。
    100%に近付けるために、従来行われているタイミング法
    ゼリー法、リン酸カルシウム内服を組み合わせて指導します。
    また、なかなか妊娠に至らない場合は不妊スクリーニングを行い、積極的に妊娠を目指します。

  • 9層人工授精について

    過去のデーターより、産み分けの確率が上がることはほとんど望めず、
    逆に精子の数が1/10まで減少するためになかなか妊娠に至らないのが現状です。
    また、熟練した培養士をもってしても正確な9層パーコール法での精子調整は難しいため
    当院では行っておりません。
    もしご希望の場合は御紹介させていただきます。

婦人科

  • 婦人科

    子宮癌検診、子宮筋腫、子宮内膜症のフォローを行います。
    手術の必要があれば総合病院を紹介させていただきます。

  • 子宮癌検診について

    子宮癌検診(子宮頚部、子宮体部)を随時行っております。
    西宮市の子宮癌検診クーポンを利用することも可能です。

    子宮がん検診の詳細はこちら→「子宮がん検診」

  • 月経困難症、過多月経について

    当院では月経困難症、過多月経に対して原因検索を行い、症状に合わせて治療を行っております。従来行われているのは漢方や鎮痛剤による対処療法、最近主流となってきている低用量ピルを使った治療、さらに低用量ピルの成分を子宮リング含ませたミレーナがあります。

    ミレーナについて

    ミレーナは子宮内にのみ黄体ホルモンが作用するため、生理の出血が劇的に減り、生理痛も軽くなります。また、子宮にしか作用しないのでホルモンバランスは保たれます。避妊率も99.9%ととても高く、低用量ピルのように飲み忘れによる失敗はありません。
    また低用量ピルの副作用である血栓症等のリスクもないので、喫煙している方、肥満の方、乳癌の術後の方にも使用することができます。
    最大の特徴は一度装着すれば5年間有効のため(1年に一度の定期検診は必要です)、コストパフォーマンスが高いです。1度装着すると5年間交換が不要です。

    ミレーナ挿入希望の方へ

    初診時のミレーナの挿入は行っておりません。
    問診、超音波での診察にて保険適応の有無を確認してから至適時期に挿入します。
    保険適応外の場合は32,400円(税込)となります。